非定型うつ病だと感じたら、早めの診断で早期解決

うつ病

うつ病のタイプ

近年、うつ病診断を受ける方はたくさんいるが、一言で「うつ病」とは言っても、それにはさまざまなタイプが存在している。そう、うつ病とは、症状や度合いによっていくつかのタイプに分けられるのだ。
いくつか存在するタイプの一つに、「仮面うつ病」があげられる。仮面うつ病とは、無気力、無関心といったようなうつの症状が現れる前に、頭痛やめまい、腹痛や腰痛などの身体的な症状が現れるタイプのうつ病のことを指す。決して「無気力、無関心により、患者の表情が仮面のように無表情であること」を指す言葉ではない。
次に、「非定型うつ病」があげられる。一般的に、うつ病になると無気力や無関心などのうつの症状が二週間続くとされているが、非定型うつ病とは、嬉しいことや楽しいことが起こると一時的にうつの症状が改善されるタイプのうつ病ことを指す。20代から30代の若年層に多く見られるうつ病でもある。
また、「退行期うつ病」もあげられる。退行期うつ病とは、社会的な地位であったり、環境の変化が原因で引き起こされるうつ病のことを指す。主に、初老期に発症するケースが多い。閉経などによってホルモンバランスが乱れることで引き起こされるうつ病でもあるため、「更年期うつ病」と呼ばれることもある。